自分の夢も見つかった3年間でした!


(第1期生キャプテン 鎌田君より・・・)

自分達は一期生という事で自分達が始まりっていうのもあってすごい楽しみな気持ちで自分は入りました。
三年間やって思ったのは本当に三年間楽しくやれていたなって思います。みんなもそうだったと思うんですけど、サッカーがどんどん好きになっていったし、上手くなりたいって気持ちがどんどん強くなる感じでした。練習も色々なテーマがあったりしてそれを意識してやってできた時が嬉しいし、そこでできた時にみんながほめてくれてそういう所は他のチームと違う感じがしたし、周りの人のも見て面白いプレーとかを見るのもすごい楽しかったです。
自分がやるだけの楽しさだけじゃなくてチームメイトのプレーを見るのもまた楽しかったです。
とにかく楽しい事だらけでした。
自分はキャプテンとして三年間やらせてもらっていたんですど、今振り返ってみるともっとみんなに対して言葉をかけるべきだったんじゃないかなって思っていますし、みんなでミーティングをする回数を増やして、もっとみんなとの時間を増やせば良かったなと思っています。
でも一番大きかったのは自分達の近くにサッカーができる場所があったった事がすごい幸せだったなって思います。ボール蹴りたいと思った時に近くにグラウンドがあったから、すぐに蹴りに行けたし、みんなでボールを蹴れたと思います。
本当に周りの人に恵まれていて自分は一番シュートでの三年間が楽しかったですし、のびのびとサッカーができました。
それに自分の夢も見つかった三年間でした。

駒澤大学サッカー部 鎌田雄太


<< 前へ× 閉じる次へ >>